マイニングリグ構築以前の諸準備

マイニングリグを作って、さあ、ホリホリするぞ! と意気込んでも、残念ながら、結構いろいろ登録や手続をしなければ、掘ったコインを貯めることができません。
これはあくまで、私が辿った道のりなので、必ずこの順番でいろいろ登録していく必要もないですし、登録しなくていいサービスもあります。
ただ、私は面倒くさがり屋なので、結構最小限のことしかしてません。
何事にも準備は必要と、ある意味諦めてやるしかなさそうです。

まず最初に日本でのコイン取引所に登録を行いました。
なぜ、コイン取引所に登録する必要があるのか? それは、掘ったコインを他のコイン、端的に言えば、日本円に変えるためです。
コインをコインのままで持っておきたいという場合はともかく、掘ったコインを実生活で使おうとするなら、残念ながらまだ一般的な消費はコインではできないのです。なので、われわれ日本人が一番消費しやすいコイン、つまり日本円に変えるため、取引所を使う必要があるのです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

おそらく多くの人が知っているであろう、coincheckです。

また、こちら、Zaifにも登録しました。なぜならば、coincheckで扱っていない、モナコインを扱っているからです。(私の知り及ぶところでは、モナコインはここくらいしか扱っていません)

安心・安全な仮想通貨の取引所 Zaif

両方共、基本的には手順は同じです。

まず、メールアドレスとパスワードを登録します。
コインチェックならこんな感じの画面です。

Zaifならこちら。

これらのメールアドレスに登録確認のメールが届きますので、その文面にあるURLをクリックして登録完了です。(Zaifの場合、そこでパスワードを設定し、基本情報なども一緒に設定します)

ただし、これだけでは、入出金の手続すらできません。ですので、本人確認書類の提出を行います。

本人確認の手順は双方ともほとんど変わらず、まずSMSによる携帯電話認証が行われます。

こちらはCoincheckの画面です。

①携帯電話番号を入力します。

②ボタンを押下。

③携帯電話にとどいたSMSに記された認証コードを入力。

④認証するを押下。

Zaifはこちら、やることはほとんど同じです。

そして、本人確認書類のアップロードになります。

本人確認書類については、免許証が簡単で使いやすいと思います。顔写真のないものは、公共料金の支払書などを一緒に送ればいいみたいです。スキャン画像があるなら、それを使用し、ないならば、写メで綺麗に取ればOKだそうです。

Zaifでの本人確認書類アップロード画面。

そして、Coincheckの方だけなのですが、その提出書類を持って、自分の顔写真をセルフィーしなきゃいけないという苦行もあったりします。
Zaifも顔写真のない本人確認書類についてはセルフィー提出をあとから言ってくるみたいです。

さて、本人確認書類のアップロードが済んだら、さぁ使ってみようとなりますよね。

しかし、そうは問屋が卸しません。

本人確認が完了した旨の郵便はがきがやってきて、そこに記載されているコードを入力してようやく入出金などができるようになります。

ですので、先にマイニングをはじめて、さて、Bitcoinに変えたいな、JPY(日本円)に変えたいなとなっても、郵送を伴う手続なので、2~3日はどうしてもかかります。登録は先に済ませておきましょう。

私はモナコインも扱いたいので両方登録しましたが、どちらか好きな方だけでもいいかもしれません。

扱っているコイン数が多いのはcoincheckです。

モナコインを扱えるのはZaifです。

まぁ、手続きはほとんど同じですし、用意する本人確認書類(写真)も同じですし、一応両方登録しておいたほうが便利かもしれませんね。

ちょっと長くなってしまったので、続きはまた明日にでも、では、ごきげんよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA