クーラントが大量に押し寄せてきた

寒波も少し緩み、多少は暖かな日差しが戻ってまいりました。

京の都は小春日和です。

どうも、ゆっちーぬです。皆さまご機嫌麗しゅう。

水冷PC用クーラント購入事情

本日は年末に注文しておいたクーラント(水冷PCの冷却剤)が届きました。嬉しい限りです。

国内販売

日本ではクーラントの販売は少なく、しかも少々割高になります。たとえばこれ


THERMALTAKE Coolant1000 水冷キット用クーラーント 1,000cc 日本正規代理店品 HS1041 CL-W0148

Amazonではこれくらいの価格です。

他にもオリオスペックなどありますが、そもそもクーラントを販売しているところが少ないです。

海外販売

海外ではperformance-pcs(PPCS)やmodmymodsなど結構いろいろなショップで販売があります。

同じThermaltakeのCoolant1000でも、PPCSなら1割程度安くなっております。

ただし、海外発送なので、送料は当然ガツンと発生します。

それでも、濃縮のクーラントならば、もっと安く買えますし、重量が軽いので、送料も多少安くなるんです。

水冷PC用クーラントと車用クーラント(LLC)

実は、私も最初、車用のクーラント(LLC:Long Life Coolant)の方がめっちゃ安いやん! となり、そちらにしようかと思ってました。


古河薬品工業(KYK) ラクラククーラント 2L 緑 52-040

ほらね、こんなに安かったら、こっちでええやんってなるじゃないですか。

しかし、LLCには、赤、緑、青が定番で他の色が殆どありません。

私が探していたオレンジもあるにはあったのですが


ACデルコ製 デキシクール4L 専用クーラント

この値段なら、普通の水冷PC用クーラント買うよ・・・となりました。

あと、最近流行りのパステルカラーのクーラントはLLCではできそうにありません。

そりゃ、車のクーラントは別に色なんて関係ないですもんね。

でも水冷PC用クーラントは魅せるクーラントじゃなきゃだめなんです! インスタ映えしないじゃないですか!(あくまでもアカウントは持っておりません)

水冷PC用クーラントの効果

防腐性

水って腐るんです。水冷PCのようにずっと同じ水を循環させているシステムで、温度も適温とくれば覿面です。

クーラントにはプロピレングリコールやエチレングリコールが入っており、防腐・不凍効果があります。

なお、エチレングリコールは毒性が強いため、扱いに注意が必要です。

絶縁性

水冷PCシステムで注意が必要なのが、電蝕です。

電蝕とはとても簡単に言ってしまえば、銅製のパーツとアルミ製のパーツのように、種類の違う金属パーツを水路内に配置した時に起こる、金属の溶け出しのことです。

(本来的にはイオン化傾向が異なる金属間で起こる電位差により、電流が発生し、化学反応を起こして溶け出します。電池に似た仕組みです)

その電蝕を防ぐために、水路内に電流が流れないように絶縁性が必要になります。

クーラントは基本的に絶縁性を持っていますが、かならずそれで電蝕が防げるわけではないようです。

必要性

防腐性と絶縁性、これがなければ水冷PCの水路システムはかなり危険です。

ただの水道水に色をつけたものなど論外で、精製水のみでも防げません。

また、クーラントの濃縮タイプには、250mlの濃縮クーラントと750mlの精製水といった混ぜ合わせるものもありますが、こちらも、水道水ではなく、精製水が絶対必要です。

精製水は安いので、高純度のものを買っておいたほうが良いと思います。


TRUSCO 高純度精製水 5L THPW-05 (P)

私もこれにしました。

PPCSから来たクーラント

それでは、たくさん頼んだので、どんどん紹介したいと思います!

Mayhems Pastel UV White

パステルホワイトは他の色に混ぜてパステルカラーを作り出すために多めに買いました。

Mayhems XT-1 Nuke Coolant Concentrate – UV Purple

なんだか、これを使用している画像を見たら、紫もかっこいいかもと、衝動買いです。

Mayhems Aurora Booster

Mayhems Aurora Booster – Silver × 3

これは、クーラントをヌラヌラと銀色っぽく見せる添加剤なんですが、動画を見てもらえれば、どんなのかすぐにわかると思います。

Mayhems Aurora Booster – 10ml – Gold

もしかしたらGoldもいるかなぁと思って、一本だけ。

PrimoChill Intensifier Transparent Fluid Dye – Blood Red

こちら、セールで$3でしたので、赤も使うかもと、とりあえず買い。

Thermaltake Premium Concentrate – Orange

大本命のオレンジはThermaltake製です。これにパステルホワイトを混ぜようと思っています。

XSPC ECX Ultra Concentrate Coolant 100ml – White × 3

こちらもパステルホワイト。安かったのと、ホワイトは何かと使うので、多めにと考えて。

Mayhems X1 UV Green Concentrate – 100ml

グリーンはオレンジの次の構成に使おうと思っているので、先に買っておきました。

FeserView Water Additive – UV Dye – Black/Blue 50ml

ブラック・ブルーは画像がかっこよかったので衝動買いです。

SysClean-HPD High Power Lime Scale Remover 50ml

英語オンリーのPPCS、いまいち分かっていないのですが、おそらくこれは水路の色替えなどで、色付きクーラントを掃除するためのものだろうと、適当にあたりをつけて買いました。違っていたら教えてください。

以上が今回やってきたクーラントたちです。

ほとんどすべてconcentrate、つまり濃縮タイプ。1Lタイプもあったんですが、送料がバカ高になるので、今回は濃縮で行きます。

まとめ

クーラントの必要性は今回、クーラントについて調べれば調べるほど、ひしひしと感じました。

水冷システムに水道水や精製水だけを流して、水枕が腐った、ラジエーターが壊れたという話は多いようです。

私もちゃんと調べておいてよかった。危うく「牛乳でいけるんちゃう?」となっていたところでした。

それでは、今日はこのへんで。アディオス・アミーゴ(・∀・)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA